HOME » 発表!ママのこだわり別・おすすめ幼児教室3選

発表!ママのこだわり別・おすすめ幼児教室3選

せっかく幼児教室に通わせようと思っても、「家が近いから」「知り合いの紹介だから」などというあいまいな理由だけで通わせしまっていいのでしょうか?各教室の教育方針を確認して、ご両親とお子さんの希望にピッタリな教室を選んでください。

幼児教室は目的・こだわりで選びましょう!

楽しそうに寝転がる幼い3兄弟幼児教室と一口に言っても様々なタイプがあります。知育系教室で子どもの才能を広げたいのか?幼稚園や小学校受験に向けて勉強をしたいのか?早めに英語を学ばせておきたいのか?おけいことして気軽にはじめたいのか?通わせる目的をよく考えてから幼児教室を探すようにしましょう。もちろん、料金や口コミもしっかりチェックしてくださいね。

このサイトでは、親御さんの目的・こだわり別に幼児教室を分類し、特におすすめな教室をピックアップしています。「こんな教室に通わせたいなあ」と思ったら、ぜひチェックしてみてくださいね。

個性と能力を伸ばすための幼児教室を選ぶためのポイント

教室選びではなによりも子どもの個性を大切にしたいと思っている方も多いでしょう。人間の脳は3歳くらいまでにはほとんどでき上がると言われており、小さいうちから個性を伸ばせる知育タイプの幼児教室に通っておきたいと考える人は少なくありません。

一般的に塾や教室といえば学力を高めるために通う所が多いのですが、知育タイプの幼児教室の場合は学習だけでなく遊びを通じて知的好奇心を刺激することが可能となっています。

知育タイプ教室ではどんな教育をしている?

どのような学習・遊びを取り入れているのか?については各幼児教室によって大きな違いがあるので、お子さんにとって最適なところを見極める必要があります。また、小さな子どもに教える教室ということもあり、実績豊かなところから選んでおきたいところ。

実績が豊富であれば、一人ひとりのお子さんに合わせた対応ができますし、より効率よく個性を伸ばしていくことが可能です。

五感を育てる「どんちゃか幼児教室」

教室の一例についてご紹介すると、例えば「どんちゃか幼児教室」では「見る、聞く、触る、嗅ぐ、味わう」という、人間の生きていく上で絶対に欠かせない5つのチカラを伸ばすことができます。

このコースは生後6ヶ月~1歳となっていて、実際に自分の体を使いながら能力を伸ばしていくことが可能です。他にも1~2歳対象コースや2~3歳対象コースも用意されているので、年代に合わせて最適な学習ができるのが魅力です。

脳の発達に合わせた教育を行う「くぼたのうけん」

「くぼたのうけん」では、0歳からの育児法として様々な取り組みが行われています。この教室の大きなポイントともいえるのが、脳の発達時期に合わせてその時期にぴったりな学習が受けられるということ。

脳が最も発達する3~4歳までの大切な時に備えて、準備を整えておくことが可能です。0歳~3歳までのコースのほか、3歳~6歳までのコースがあります。

右脳教育をメインにした「七田チャイルドアカデミー」

最後に「七田チャイルドアカデミー」では、脳科学に基づいた独自のメソッドを掲げており、右脳を教育するのが特徴的な教室。右脳は実に能力的な部分で、たくさんのことを吸収したり、覚えるのに最適です。

しかも一度覚えたことは忘れにくい能力があるようです。コースはかなり細かくわかれているので、その時に最も向いている内容で学べるでしょう。

こちらのページでは各教室の特徴や、知育タイプの幼児教室の魅力についてご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

「個性と能力を伸ばすための幼児教室を選ぶためのポイント」の詳細はこちら

小学校受験に特化した幼児教室を選ぶためのポイント

近年は、幼稚園受験・小学校受験をする方も増えてきました。家庭学習だけで受験を目指す方もいますが、やはり専門的に学べる教室で知識をつけておいた方が良いでしょう。

子供の数が減っていることもあり、幼稚園や小学校受験の難易度はそれほど高くないのでは?と思っている方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。きちんと準備をしなければ合格するのは非常に難しいことなのです。

幼稚園・小学校受験の学習法とは?

ただ、中学受験や高校受験では学力が重視されるのに対し、幼稚園受験・小学校受験の場合は学力以外の点でも評価されます。そのため、そもそもどういったことを学べばいいのかさえわからない…と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

やはり、専門的に受験対策が学べる教室選びに力を入れることが重要になってきます。

例えば、幼稚園受験・小学校受験のために効果的な対策が取れるとして人気が高い教室がいくつかあるので、そういったところから検討してみてはどうでしょうか。

「理英会」では、受験対策のプロともいえる教室で、15年間も志望校合格率ナンバーワンを継続中。とにかく実力重視で教室選びをしたいと思っている方も、ここならば納得できるはずです。

理英会の学習内容はハード?

学習内容は少々ハード。月間では100枚以上ものペーパー学習をすることになります。

また、受験対策として欠かせない運動・集団行動・絵画制作といったこともしっかり学べるので、総合的に学習ができるでしょう。人によっては、かなり早い段階から幼稚園・小学校受験を検討することもあるはず。一般的な教室ではなかなか見かけない1歳からの受験対策コースも用意されています。

「こぐま会」では私立・国立小学校合格者も

続いて「こぐま会」は、2歳児から小学3年生までを対象とした学習コースが用意されている教室です。こちらは私・国立小学校に多くの合格者を出しているのも特徴。

書店でこぐま会監修のお受験用教材を見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。独自の指導法としてKUNOメソッドと呼ばれるものを取り入れ、発達段階に合わせた学習が可能となっています。

年少児を対象としたそらクラスでは母子分離から身に付けさせることもできるので、小さいうちから自立できる子供を育てたいと思っている方にも向いているでしょう。新一年生を対象とした就学準備クラスなども用意されているので、就学を控えている方の強い味方にもなってくれるはずです。

更に細かい各教室の特徴についてはこちらでご紹介しているので、教室選びに役立ててみてください。

「小学校受験に特化した幼児教室を選ぶためのポイント」の詳細はこちら

語学力アップに特化した幼児教室を選ぶためのポイント

これからの時代、必ず必要になってくるのは英語です。親御さんの中にも英語に苦手意識を持っている方も多いのではないでしょうか。「子供には英語が得意になって欲しい」と思っているのであれば、できるだけ早いうちから英語学習を検討してみるのがおすすめです。

英語教育は早めが良いと言われる理由は?

というのも、赤ちゃんのうちはあらゆる音を聞き分けられるとされており、特に1~3歳くらいまでの間に英語に触れさせておくと、英語脳づくりに役立ってくれるのです。だからといって、赤ちゃんに無理やり英語を学ばせることは難しいですよね。

大切になってくるのは、楽しく学べる教室を選ぶということ。これができないようだとかえって英語に苦手意識を持ってしまうかもしれません。下手をすれば英語どころか日本語の習得に支障をきたしてしも可能性もあるわけなので、慎重に教室選びをしましょう。

英語の幼児教室ではどんな学習をする?

教室で学べることはいろいろあるのですが、一般的に個人教室とグループ教室に分かれた学習が可能です。毎日教室があるわけではなく、一週間に一度、一時間程度の学習を受けることになります。

英語学習に拒否反応を起こさないよう、絵を見ながらの英単語を覚えるなど、楽しく学べる工夫がたくさんされているのです。講師も日本人だけでなくネイティブな外国人がいる教室も多いため、小さいうちから本格的な英語に触れられるでしょう。

やはり、小さなうちから英語教室に通っておいた方が理解力を高められます。お友達と一緒に遊べるグループレッスンなども用意されており、そういったものであれば、楽しみながら英語の知識を深めていくことができるでしょう。

効率的に英語が学べて友だちもできるのが幼児教室!

小さいうちは感覚的に英語を身につけていくと言われているので、早くから英語学習を始められればスムーズに身につけていくことができるはずです。

家で英語学習をさせようと思ってもなかなか小さい子への教え方はわかりませんし、本格的な英語に触れさせるのも難しくなるので、リスニング能力も高めたいと思っている方にも最適ではないでしょうか。

また、お友達との交流を作ることにもつながりますので、学校で英語学習が始まるタイミングでつまずく心配も少なくなりますし、実践的な英語を身につける目的でも教室を利用してみるのがおすすめです。

こちらのページでは、子供向けの幼児教室として、英語学習をするのに向いている教室についてまとめているので、教室探しをしている方はぜひ参考にしてみてください。

「語学力アップに特化した幼児教室を選ぶためのポイント」の詳細はこちら

教室選びの前に…不安解消Q&A

お子様のための幼児教室を探していると、さまざまな疑問や不安に突き当たるようになります。そんな方のために、お役に立てるQ&Aをまとめました。

幼児教育に関する質問

Q:幼児教室は何歳ぐらいから始められますか?また、何年ぐらい続けた方がよいですか?

乳幼児期は、3歳までが幼児教育に効果が高いと言われています。教室にもよりますが、今は、0歳から3歳までの能力開発に力を入れているところも多くなっています。はじめた年齢が早ければ知能指数の伸びも大きいというデータもあります。赤ちゃんの時期から、幼稚園や保育園に通いながらのクラスもありますので、小学校入学前まで続けることもできます。

Q:知能指数が高くなると、小学校に入ってからの成績が違いますか?

知能指数が高いということは、高い学力をつける可能性があります。IQが高いということはそれだけ物事を処理する能力が高いということ。記憶力や言語力など、小さなうちにその潜在的な才能を伸ばしてあげられるのが幼児教育です。しかし、いくら知能指数が高くても、当たり前ですが勉強は日々の努力をしなければついていかないことを忘れないでください。

教室についての質問

Q:大手と小規模の幼児教室の違いはある?

幼児教室は、全国のフランチャイズ展開をしているところから、一部の地域で教室を構えているところもあります。大手の良さはやはりその名をよく知っていて安心できるところでしょう。先生方への教育もしっかりしていて指導の一貫性もあるのが良いかと思います。小規模のところも、先生の実力により地域では評判のところもあるようです。規模や有名だからではなく、その教室の教育方針やお子様があっているかをよく見極めていただきたいと思います。

Q:幼児教室の体験レッスンとはどんなことをやるの?

教室の環境を見たり、学んでいる様子を見学したり、実際にお子さまが体験をしてみたり、教室について詳しく知ることができます。教室選びに悩んでいるのなら、ぜひとも体験レッスンをして、いくつかを比較してみるとよいでしょう。中には、体験をするとしつこく勧誘してくるところもありますが、惑わされず、お子様に合ったところを見極めてくださいね。

費用についての質問

Q:幼児教室は、どんな支払いシステムですか?

一般的には、月謝制となっている教室が多いようですが、2か月や学期制でまとめて支払うところもあります。入会時には、入会金などがあり、月謝制のところは、教材費や冷暖房費などが別途支払いになっているところもあるのでよく確認しましょう。

Q:月謝の相場はいくらぐらいですか?

これは、その教室によって金額は差があります。幼児教室としての指導のクオリティが違いますので、安ければよいということではありません。おおよその金額としては、気軽なおけいこ系では5,000円~数万までありますし、月謝制でないところもありますので一概には言えません。しかし、実は、高額な月謝でなくても、子供の能力を引き出す教育をしてくれる教室はあります。このサイトでは、おすすめの幼児教室を公開していますので、ぜひご覧ください。

シュタイナー教育ってどんなもの?

シュタイナー教育とは、オーストリアの哲学者であるルドルフ・シュタイナーによって提唱された教育を指す呼称であり、シュタイナーが目指したものは「芸術としての教育」です。シュタイナーは思想家でもあり、思想と実践の両面から教育を考え、取り組んだとされています。

シュタイナー教育では、知識を教えることだけでなく子どもの個性を大切にしています。そして、教育の目的として考えられているのが、心と身体、精神を発達・成長させ、自由に自己決定をし、自分らしく暮らせるようにすることです。シュタイナー教育の大きな特徴は、芸術的な学習方法であり、年齢による発育段階に応じた教育をすることだといえるでしょう。

シュタイナー教育の教育方法

シュタイナー教育は、世界各国に広まっており、それぞれの国々で現地の事情に合わせた教育が行われているようです。

基本的なシュタイナー教育の実践方法としては、ひとつの科目を集中的に学習する「エポック授業」や、テストによる点数評価をしないことなどがあります。また、教科書ではなくエポックノートというノートを作って学習し、最終的にはこのエポックノートが教科書のようになるといわれています。

日本におけるシュタイナー教育

日本におけるシュタイナー教育は、幼児教育と学校教育に対応するように、幼稚園などの幼児教室と12年一貫教育の学校があります。また、幼児教育も含めて一貫教育を行っている学校もあり、それぞれ特色のある教育実践を行っています。

シュタイナー教育を行っている学校は、学校教育法上の幼稚園・小学校・中学校・高等学校に該当しない学校が多いようです。これらに該当するためには、私立学校の場合は学校法人として認可され、各学校の要件を満たす必要があります。しかし、シュタイナー教育を行っている学校は、運営母体がNPO法人であり、フリースクールに該当する学校がほとんどだからです。

この場合、公的な学歴を得ることはできません。しかし、学歴が得られないままでは社会生活に支障をきたす可能性があるため、義務教育年齢では在籍する公立学校などとの連携が課題となります。

また、高校年齢では高校卒業程度認定試験を受けて合格することで、大学進学を目指すことができます。高校卒業程度認定試験に向けたサポートを行っているシュタイナー教育の学校もあります。

現在では、シュタイナー教育を行う学校の学校法人化も含めて、法的な整備を進めるための動きもあるようです。ただ、学校の数そのものは多いとはいえません。日本シュタイナー学校協会のホームページによれば、2018年2月時点で正会員となっている全日制のシュタイナー学校は7校です。そのうちの2校が学校法人となっています。

シュタイナー教育と幼児教育

シュタイナー教育を幼児教育に取り入れている幼稚園・幼児教室など存在しています。幼稚園は学校教育の準備段階ともいわれていますが、シュタイナー教育では、人間の成長を7年ごとに区切って考えています。幼児期は最初の7年に含まれ、身体の発育が重要な期間と考えられています。シュタイナー教育の幼児教育では、アニメビデオやキャラクターものを使わず、その年齢に合わせた芸術性を持った教育によって、その子が自分らしく育つことを目指しているようです。

シュタイナー学校の教育が、一般の学校で行われる教育とは異なる方法で行われることも含めて、子どもに受けさせるかどうかの判断は、親が十分に理解したうえで決めることが望まれます。そのためには、思い込みや誤解ではなく、直接自分の目で確かめ、話を聞いてみることが必要でしょう。

自分らしくのびのびと!能力と個性を伸ばしたいなら

能力と個性を伸ばしたいなら、知育タイプの幼児教室がおすすめです。こちらのページでは、「どんちゃか幼児教室」「くぼたのうけん」「七田チャイルドアカデミー」の教育方針、アクティビティ、教材の特徴、口コミなどについてご紹介します。

「自分らしくのびのびと!能力と個性を伸ばしたいなら」の詳細はこちら

めざせ名門!受験に勝ち抜いてほしいなら

幼稚園受験や小学校受験を成功させるなら、受験に対するノウハウを持った幼児教室で、志望校に合わせた対策を行うことが大切。こちらでは、「理英会」「こぐま会」「伸芽会」の3つの幼児教室について、それぞれの強み、受験データ、コースの詳細などをご紹介します。

「めざせ名門!受験に勝ち抜いてほしいなら」の詳細はこちら

自然に英語が身に付く!語学力をアップさせたいなら

英語の幼児教育を行うには、1歳から3歳までの間がベスト。こちらでは、「どんちゃか幼児教室」「ミキハウス英会話くらぶ」「こぐま会」の詳細についてご紹介しています。また、英語教室に通うメリットやデメリットも掲載しているのでぜひ参考にしてください。

「自然に英語が身に付く!語学力をアップさせたいなら」の詳細はこちら

やっぱり気になる!コスパで比較するなら

幼児教室を選ぶときに、内容と同じくらい大切な点がコストです。こちらでは、低コストでも通いやすい「どんちゃか幼児教室」「ミキハウスキッズパル」「七田チャイルドアカデミー」の3つの教室をご紹介します。また、教室や受験の相場についても解説しています。

「やっぱり気になる!コスパで比較するなら」の詳細はこちら

他のママの評判は?口コミもチェック

幼児教室の雰囲気や先生の人柄などは、パンフレットからは決してわかりません。そこで、こちらでは「理英会」「ドラキッズ」「コペル」の3つの教室について、実際に通っている子供の保護者からの口コミを掲載。口コミを参考にして教室の雰囲気を探ってみてください。

「他のママの評判は?口コミもチェック」の詳細はこちら

音楽系幼児教室のおすすめは?

幼児教室の中には、音楽をメインにして子供の感性を育てているところもあります。「ベビークモン」「ドラキッズ」「学研ほっぺんくらぶ」の3つは、音楽の教材を使っている代表的な教室です。これらの教室の特徴や音楽教室に通うメリットなどをご紹介します。

「音楽系幼児教室のおすすめは?」の詳細はこちら
  • 知育系の教室3選
  • 受験系の教室3選
  • 英語系の教室3選
  • コスパ◎の教室3選
  • 評判の良いの教室3選