HOME » わが子に合う教材は?各幼児教室のテキストとその特徴を紹介!

わが子に合う教材は?各幼児教室のテキストとその特徴を紹介!

幼児教育を始めるにあたって、使用する教材選びはとても重要なポイントとなります。幼児教室によって教材の特徴も異なるため、自身の教育方針に合ったものを選ぶようにしましょう。

ここでは、各幼児教室の教材について比較していきます。

わが子に合う教材は?幼児教室ごとに比較

どんちゃか幼児教室の教材

しゅくだいノート

1冊に30ページ分、毎月1冊ずつもらえます。毎日5分間程度の勉強タイムを作り、毎日1枚ずつ宿題を行ないます。

楽しい絵を見ながら、自然と数字や言葉を勉強できます。基本の問題から応用問題まで難易度が分かれているので飽きることなく続けられます。

おはなしせんせい

おはなしせんせいは、かわいらしいピンクのペンが特徴で、宿題にペン先を当てるだけでお子様に色々な語りかけをします。

語りかけをしてくるのが楽しくて、子供が自ら学習をしようと意欲的になります。

言語カード

優しいタッチで書かれた可愛い絵なので、お子様と毎日楽しく言葉の練習ができます。まずは絵と名前を覚えていき、どんな食べ物が好き?などと質問ごっこをすることができます。

授業ごとに毎回8枚の言語カードをプレゼントしているので、年間100枚近く集まります。言葉を覚える大切な時期なので、こういったカードがあると大変役立ちます。

お洋服とリュックサック

小さい子に優しい布教材で、この時期に身に付けてほしい生活力や、細かい手の動きを習得することができます。

お洋服とリュックサックがベースとなっており、洋服のポケットのボタンを外してみたり、チャックを上げたり下げたり、穴の開いている部分に紐を通してみたりします。ポケットの中に好きなおもちゃを忍び込ませていると喜びます。

リュックサックは実際に使えるシンプルなリュックです。例えば、小さいお弁当にオニギリやフルーツをリュックに入れ、ピクニックごっこができます。美味しいね~と食べて一緒に楽しむことができます。

マグネット教材

お魚やフルーツ、クッキーやケーキなどのおやつ、ライオンやウサギさんなどの動物など、全部で70個のマグネットがあります。

自宅の冷蔵庫にくっつけて遊んだり、ホワイトボードに冷蔵庫を書き、冷蔵庫の下にはケーキを置いてね、と言うように楽しく学ぶことができます。

七田チャイルドアカデミーの教材

七田式プリント

プリント学習は一般的に左脳を使う教育法ですが、七田式のプリントは右脳と左脳を同時にアップさせることができるように作られています。

右脳には創造性と空間認識などを行なう大切な部分なので、鍛えることで感性が豊かになります。1日当たりの量が少ないので、無理せずに続けることができます。

七田式小学生プリント

七田式のプリントを順番に取り組むだけで、同じことを4回繰り返すように作られています。そのため、一度聞いたことも自然と繰り返している状態になるので、学習内容が脳に定着しやすくなります。

七田式ではこれを400%学習と呼んでおり、実際に多くの方から反響があります。1日1科目1枚は10分程度で終わるので、負担なく毎日続けることができます。

七田式ドッツセット

ドッツとは1~50までの赤丸をランダムに印刷したカードです。小さい頃からドッツカードを見せるだけで計算力がつきます。算数を教え込むことなく、右脳の計算力が目覚めるようになります。

こぐま会の教材

こぐまつみ木

幼児向けに作られたつみ木です。ただのつみ木ではなく、記憶構成や考える力を高めるために作られています。

2個ずつ同じつみ木が入っているので、親が見本を作って子供がそれを真似して作るというようにできます。

きおくカード

動物や乗り物などの9種類のカードがあります。使い方にも色々な方法があり、例えば同じ種類のカードを集めて、それがなぜ同じ種類なのか質問をしてみましょう。

さらに違う観点から分類分けをして、試行錯誤を繰り返して能力を高めていきます。

ドーナツもようづくりセット

8×8ほう方眼状に配置された棒に、ドーナッツ型の中心に小さい穴が空いたものを差し込んでいく教材です。最初は見本帳を見ながら同じものを作っていき、慣れてくると自分で考えながら好きなように作っていきます。

想像力は手先の器用さが高まります。

しりとりカード

40枚の絵のカードで、10枚一組でしりとりができます。しりとりがスムーズにできるにはたくさんの言葉を知っている必要があります。

さらに最後は「ん」で終わってはいけないので、試行錯誤をしながらカードをしりとり順に並べていきます。大人も一緒に楽しめるカードです。

Baby Kumon(ベビークモン)の教材

うたぶっく&CD

絵本とCDが一緒になった教材です。その名の通り音楽のリズムで入るので、言葉がわからないゼロ歳児からでも始めることができます。

CDで聞いた言葉が絵本と繋がるように作られているので、すんなりと言葉を覚えることができます。

やりとりぶっく・ やりとりカード

いないいないばあっ!というような言葉で、子供の素直な反応を引き出すことができる絵本です。子供によって遊び方は様々とあり、親子のコミュニケーションにも最適です。

絵本をめくったり、絵を見て音を想像したりできます。絵本は薄くて軽いので持ち運びに便利です。

えほん

Baby Kumon(ベビークモン)では、ゼロ歳児の子供でも絵本に興味をもってくれるような、絵本が揃っています。様々な人気作家のオリジナル作品なので、ストーリーやイラストが偏りません。

文字や言葉が分からなくても、絵なら反応する子供が多いので、早い段階で絵本を読ませることはとても良いことです。

  • 知育系の教室3選
  • 受験系の教室3選
  • 英語系の教室3選
  • コスパ◎の教室3選
  • 評判の良いの教室3選