HOME » そもそも幼児教育とは何? なぜ必要なの?

そもそも幼児教育とは何? なぜ必要なの?

子供のためにできるだけのことをしてあげたいのが親心。教育のことも、早期教育・幼児教育が大事だといわれればお金は惜しまないけれど、実はなんのことかもよくわからない…。ご安心ください。あなただけではありません。

そもそも幼児教育ってなんだろう?

今、幼児教育の大切さが注目され、多くの幼児教室には、たくさんの親子がさまざまな幼児教育を受けにきています。

幼児教育イメージ乳幼児期は、「生きる力」の基礎が培われる重要な時期です。ママやパパなどまわりの大人たちの見守りのなかで、基礎や基本を身につけていき、自由に体を動かすようになり、遊びをはじめます。スキンシップや声がけなど人との関わりによって、感情や言葉を覚えていき、人と協調し、思いやりや感動も知って心が豊かになります。

この大切な時期に、お子さんの可能性を伸ばしていく指導を行うのが幼児教育です。考えたり覚えたりする力をつけて、知能を伸ばすための教育を保護者だけでなく、プロフェッショナルの先生によって直接教育していくのです。乳幼児ですので、ただ机の前で学びなさいと言ってもムリな話です。

人が本来持っている本性の中で知りたいという欲求、真似したいという欲求などを刺激して、上手にお子さまの興味や意欲を引き出していきます。

お子さまの教育だけでなく、普段から関わりが多いママへの子育てアドバイスなどもプログラムに組み込んでいる幼児教室もあります。

幼児教育の必要性について

ある程度の年齢になると、子供たちは幼稚園や保育園、小学校にも行きます。

幼児教室に行かなくても、必要最低限の教育は受けられます。けれども、0歳から幼児期までは、人が成長するうえで最も大切な時期であり、どれだけの可能性を広げてあげるのも親次第と言えます。

幼児教育イメージ実際に、幼児教育を受けた子供たちの知能指数は、早ければ早いほど伸びていくというデータもあります。幼児教室によって好奇心や探究心を育てていくと、その後の小学校以降の思考力の基礎となっていくのです。

多くの保護者がわが子への教育を熱心に考えるようになった今、様々な特色を出している幼児教室が増えて、幼児教育を選べるようになってきました。
このカテゴリーでは、さらに詳しくこの幼児教育についてクローズアップしています。

幼児教育は3歳までが大事と言われる理由や教室の種類(系統)についても良く分かるようにまとめています。

まずは、この基礎知識を読んでいただき、今後の教室選びにお役立てください!

  • 知育系の教室3選
  • 受験系の教室3選
  • 英語系の教室3選
  • コスパ◎の教室3選
  • 評判の良いの教室3選