HOME » そもそも幼児教育とは何? なぜ必要なの? » 運動教室で人気のベビースイミングとは?

運動教室で人気のベビースイミングとは?

 運動教室の中でも、今高い人気を誇っているのがベビースイミングです。ベビースイミングが幼児教室として人気のある理由とは?こちらでは、その特徴とメリットについてご紹介しています。

ベビースイミングとは?

ベビースイミングとは、生後6ヵ月から3歳までの間に行われる運動教室で、泳ぎをうまくすることではなく、コーチの指導の下、水に慣れることを主な目的としています。

ベビースイミングでは保護者も一緒に水に入り、赤ちゃんは水中で様々な運動をします。ただし、運動と言っても本格的な運動ではなく、抱っこをしてもらいながら簡単な運動をする、水中でジャンプをする、水に浮かぶという程度です。

赤ちゃんが楽しく運動できることが一番なので、水中でおもちゃを使って遊ぶなど、楽しめる要素を取り入れることが多くなっています。

ベビースイミングのメリットとは?

それでは、ベビースイミングに通うことで、一体どのようなメリットがあるのでしょうか。そこには、他の幼児教室と比較して、ベビースイミングでしか得られないメリットも存在しています。

水への恐怖心がなくなる

産まれてくる前は、羊水の中に浮かんでいた赤ちゃん。そのため、産まれた直後の赤ちゃんには、水に対する恐怖心がないと言われています。ですが、成長とともに水を怖がる子どもも増えてくるもの。ベビースイミングで小さな頃から水に親しめば、その後、水への恐怖心が出てくることもないでしょう。

親子のコミュニケーションが深まる

保護者と一緒に水の中で運動をするベビースイミングは、パパやママとのスキンシップを図るための絶好の機会。スキンシップによって赤ちゃんは安心感を得て、パパやママも赤ちゃんとの触れ合いを楽しめます。幼児期のコミュニケーションは、その後の成長にも大きな影響を及ぼしますから、この頃にしっかりと触れ合っておきたいものです。

運動機能発達と生活リズム作り

水の中は浮力が働き、赤ちゃんが自由に動けるようになります。通常よりも動ける範囲が広くなるので、運動機能や身体の発達を高めるためには最適。筋肉を使うことは脳の神経回路の成長も促すため、脳機能の発達も期待できます。また、赤ちゃんだけでなく、パパやママも運動ができるので、日頃の運動不足解消のためにもおすすめです。

集団生活に慣れる準備ができる

ベビースイミングを初めとする運動教室では、他にも同じ年代の子どもたちがたくさんいます。その中で活動することで、挨拶の仕方や集団内でのルールを身に着けられるというメリットも。さらに、友達ができることも多いので、コミュニケーション能力の発達も期待できます。もちろん、保護者同士で友人関係が築けることもあるでしょう。

丈夫な体作りができる

水の中で体を動かすと、赤ちゃんの血流が改善され、新陳代謝が促進されます。

さらに、水中では体温調整機能が高めるので、暑さや寒さに強い体作りができるでしょう。よく動いた後の赤ちゃんはぐっすりと眠るようになるので、成長が良くなるというメリットもあります。

ベビースイミングはいつから始めるべき?

ベビースイミングは運動教室の中でも早くから開始できるもので、1歳になる前までに始めると良いと言われます。その理由は、1歳を過ぎると、水への恐怖心を持つ子もいるためです。

最初にお話ししたように、赤ちゃんは羊水に浮かんでいたのですから、生後6ヵ月を過ぎた頃から泳ぐことができると言われています。反対に、羊水に浮かんでいた頃の事を思い出して落ち着くこともあるようなので、生後6ヵ月~1歳までに始めるのがベストでしょう。

  • 知育系の教室3選
  • 受験系の教室3選
  • 英語系の教室3選
  • コスパ◎の教室3選
  • 評判の良いの教室3選