HOME » そもそも幼児教育とは何? なぜ必要なの? » 幼児教育は3歳までってほんと?

幼児教育は3歳までってほんと?

人間の脳を発達させるには、3歳までの幼児教育が大切という説が、最近広まっています。子供の一生を決定付ける、幼児期の知育と「脳の力」の関係を、ごく簡単に解説しています。

巷で言われる「幼児教育は3歳まで」というのは本当?!

幼児教育のイメージ小さなお子様の保護者の中には、早期教育や英才教育に熱心な方もいれば、赤ちゃんには余計なことをせず自然に育てるのが良いという方もいらっしゃいます。

そのどちらの考え方・育児法も、否定できるものではありません。また赤ちゃんの脳の発達についてはほとんど解明されていないというのも事実です。

しかし、最新の脳科学の研究によって、人間の脳の80%が3歳までに完成される、という事実が研究成果として世界的に認められているそうです。

生まれてから3年間の育ち方によって、知能や運動能力、五感などの発達の具合がほぼ決まってしまうという話は、子供を持つ親にとっては衝撃的ですよね。

3歳といえば、まだまだ赤ちゃんから幼児くらいの時期で、親や家族としか接する機会もありません。だからこそ、大切に丁寧に育てなければいけない時期なのです。

親子の良い関係を築くのはもちろん、この大切な3歳までの時期に、適切な教育を受けさせるという「幼児教育」が注目を集めています。

3歳までにどんな教育をしたらいいの?

大切な赤ちゃんの時期に、どんな幼児教育をすればよいのか…。悩みどころですよね。

ある研究によれば、赤ちゃんは3歳までに「臨界期」を迎えるそうです。臨界期とは、脳がある能力を身につけられる限界の時期のことで、3歳までに身に付くのは、視力母国語力自己抑制力の3種類と言われています。

かみ砕いて説明すると、視力とは脳内に映像をインプットする能力で運動神経に関わる部分。母国語力とは言葉を自分のものとして吸収する能力、自己抑制力とは性格や知性に関わる部分です。

よく、「英語のRとLのネイティブな発音が認識できるのは3歳まで」などと言われているのは、こういった背景があるわけです。

  • 知育系の教室3選
  • 受験系の教室3選
  • 英語系の教室3選
  • コスパ◎の教室3選
  • 評判の良いの教室3選