HOME » そもそも幼児教育とは何? なぜ必要なの? » 幼児教育は3歳までってほんと?

幼児教育は3歳までってほんと?

人間の脳を発達させるには、3歳までの幼児教育が大切という説が、最近広まっています。子供の一生を決定付ける、幼児期の知育と「脳の力」の関係を、ごく簡単に解説しています。

巷で言われる「幼児教育は3歳まで」というのは本当?!

幼児教育のイメージ小さなお子様の保護者の中には、早期教育や英才教育に熱心な方もいれば、赤ちゃんには余計なことをせず自然に育てるのが良いという方もいらっしゃいます。

そのどちらの考え方・育児法も、否定できるものではありません。また赤ちゃんの脳の発達についてはほとんど解明されていないというのも事実です。

しかし、最新の脳科学の研究によって、人間の脳の80%が3歳までに完成される、という事実が研究成果として世界的に認められているそうです。

生まれてから3年間の育ち方によって、知能や運動能力、五感などの発達の具合がほぼ決まってしまうという話は、子供を持つ親にとっては衝撃的ですよね。

3歳といえば、まだまだ赤ちゃんから幼児くらいの時期で、親や家族としか接する機会もありません。だからこそ、大切に丁寧に育てなければいけない時期なのです。

親子の良い関係を築くのはもちろん、この大切な3歳までの時期に、適切な教育を受けさせるという「幼児教育」が注目を集めています。

幼児教育と聞くと、幼いうちからの英才教育を思い浮かべてしまいますが、実際には教育というよりも、頭を使うことを定着させ、脳機能を活性化させることを目的としています。

学生や社会人が目的を持って行う「勉強」ではなく、幼児期に脳機能を促進することによって地頭を磨くことができます。

ここでは、巷で話題になっている、3歳までの幼児教育の重要性について詳しく紹介していきます。

「3歳まで」が重要なワケ

3歳までの教育は、いわゆる英才教育というものではなく、幼児の脳に刺激を適度に与えることで脳機能を促進する目的があります。

ユニセフが発表した「世界こども白書」でも、「脳内の細胞の接合は生後3年間に爆発的に増殖し、子どもは目覚めている事実上すべての瞬間に新しい事柄を発見している」「出生前や出生後の数カ月から数年間の子どもの暮らしに起こることの影響は生涯にわたって続く。子どもが学校や生活全体を通じてどのように学び、人間関係を形成するかを決める」と提唱されています。

日本でも平成21年に文部科学省幼児教育課が「幼児教育の無償化の論点」を発表しています。

この論文では、「幼児教育の経済学」を提唱しているジェームズ・ヘックマン教授による「就学前に適切な教育刺激を受けておかないと、その時期にしか発達しない能力が十分に発達しない」という提言も紹介されています。

0歳から3歳までの短い期間のうちに、子どもは脳細胞を増加させ、そこから不必要な細胞を間引いて大人の脳に進化していきます。3歳までに脳の80%が完成するとも言われているため、この時期の過ごし方がいかに重要であるかがわかります。

環境が個性や人間性を伸ばす

人間の知性は遺伝的要素と、大人になるまでの環境によって決まるといわれています。

能力などは親から受け継ぐものであっても、成長するまでの環境も非常に重要ということです。能力を活かす環境がなければ、才能や個性を伸ばすことはできません。

子どものうちは学びを負担に感じにくいので、すべての物事を吸収する力があります。ここで何に触れて育つか、つまり「環境」によって、子どもの知性は伸びていくと考えられます。

特に0歳から3歳までの時期は、学びは遊びとして受け止められやすく、知性を伸ばすのに最適な期間とされています。

幼児教室では子どもの才能や個性を伸ばすためにさまざまな教材を使ってトレーニングを行うため、楽しみながら人間性や知性を伸ばすことができます。

ただし子どもへの詰め込み教育はNG。一気にいろいろな情報を詰め込もうとしても、すべてを受け止められるわけではありません。

環境を整えてあげることは重要ですが、子どもにもそれぞれ個性があり、それぞれの興味の持ち方は異なるため、成果重視の教育はかえって逆効果になる可能性も。

我が子に本当に必要なことは何なのか、なぜその環境が必要なのかを、両親や周囲の大人が考えながら与えてあげることも、幼児教育におけるポイントといえるでしょう。

赤ちゃんは日々成長している

幼児期とは、生後1年もしくは1年半から小学校に入学する前までをさします。しかし生まれてから大人になるまで、子どもは日々成長を続けています。

赤ちゃんを見ていると、喜怒哀楽の感情を中心に発達させていることがよくわかります。言葉が話せるようになると、今度は他者との関わりかたや適切な話しかたの獲得を行い、自分の才能や能力を適応させていきます。

幼児期は、70年から100年という長い人生の間のほんの短い瞬間ですが、ここで赤ちゃんに与えられる教育環境によっては、その後の人生に大きな影響が出てきます。

0歳から3歳頃までの記憶というものは、ほとんどの人が忘れてしまうものですが、実際は「潜在意識」として深く脳裏に刻まれます。この潜在意識がどのように働くかによって、その後の才能の活かし方も大きく変わっていくことになるのです。

子どもがよりよい人生を獲得するための「知恵」の習得は、幼少期からすでにスタートしています。両親を始め、周囲の大人たちも、幼児期の重要性について関心を向けていく必要があるでしょう。

まとめ

0歳児の頃からすでに赤ちゃんは爆発的な成長を始めており、一見意味のない行動や反復動作、衝動的な興味に任せた行動など、あらゆる機会を通して能力を獲得しようとしています。

一人一人が個性を持つように、子どもは幼いうちから常に新しいことに触れ、脳を使いながら大人になっていきます。

周囲の大人たちはそれを見守るだけでなく、子どもが安全で正しく興味を持つことができるように、興味や関心を伸ばす環境を整えてあげることが大切です。

ただし詰め込み教育や、無理やり教え込むような学習方法は、幼い子にとっては不向き。幼児教室に通わせる際にも、まず子ども自身が「楽しい」と思える活動を応援してあげることが、幼児教育の理想的なかたちではないでしょうか。

3歳までにどんな教育をしたらいいの?

大切な赤ちゃんの時期に、どんな幼児教育をすればよいのか…。悩みどころですよね。

ある研究によれば、赤ちゃんは3歳までに「臨界期」を迎えるそうです。臨界期とは、脳がある能力を身につけられる限界の時期のことで、3歳までに身に付くのは、視力母国語力自己抑制力の3種類と言われています。

かみ砕いて説明すると、視力とは脳内に映像をインプットする能力で運動神経に関わる部分。母国語力とは言葉を自分のものとして吸収する能力、自己抑制力とは性格や知性に関わる部分です。

よく、「英語のRとLのネイティブな発音が認識できるのは3歳まで」などと言われているのは、こういった背景があるわけです。

子どもがしたい時にしたいことで好奇心を伸ばしてあげよう

なによりも重要なことといえるのが、子供がしたいことを邪魔しないということです。3歳までにはたくさんの好奇心が湧き上がるので、それをサポートしてあげるような生活を送りましょう。

これは、先回りして刺激を与えるというわけではありません。どのようなきっかけで子供がなにに興味を示すかはわかりませんが、興味を示したものがあった時、それに付き合うことが大切です。

大人から見るとくだらないことでも子供が興味を示したのであれば、時間をかけて一緒に楽しんでみましょう。もちろん、危険なものにはさわらないように注意しなければなりませんが、安全なものは子供が満足するまで活動させ、様々なことを小さいうちに体験させると好奇心が伸びていきます。

基本的な生命欲求を満たしてあげよう

生命欲求とは、健康に過ごしていくために最低限必要になるものです。例えば、お腹がすかないように食事を与えるのはもちろんのこと、おむつが濡れていて気持ちが悪いなど、子供にとって不快になるシーンをできる限り避けましょう。

もしも子供にとってこういった問題が発生していると、次の発達に向かうことはできませんよね。お腹がすいている時はそれしか考えられなくなってしまいますが、十分に満たされている環境であれば、様々なことに好奇心も沸きやすく、積極的に自らそれに向かっていく姿勢をとることができます。

子供が健康的に過ごしていくために基本的な生命欲求を満たしてあげるのは親の務めともいえるでしょう。

必要な時期に必要な働きかけをしてあげよう

子供が発達していくためには、それに適したタイミングを計ることが大切です。 まだまだ小さいうちからムリに体力をつけさせようとするのではなく、子どもの様子を確認しながら、今なにをすべきなのか親がきちんと判断することが重要になってくるでしょう。

例えば、「もうすぐハイハイをする準備をした方が良い時期だな」と思ったらうつ伏せに寝かせてハイハイする時に使う筋力を鍛えやすくするなどのサポートです。今、なにをすれば良いのかについては子供を観察していればわかるでしょう。

親が子供に筋力をつけようと思っても体がしっかりしてきてからでなければ十分な効果は期待できませんし、ストレスにもなってしまいます。子供をよく観察し、サポートが必要な時期を見極めましょう。

年齢に合わせて成長をサポートしよう

母親と赤ちゃん

3歳までの教育が大切といっても、0歳と3歳ではできることはまるで異なります。年齢に合わない教育をするとなかなか結果が出ないため親はやきもきしてしまい、子どもにも辛い思いをさせてしをするときには各年齢でどれくらいのことができるのかを把握して、年齢に合わせたサポートをしてあげましょう。

■0歳

0歳児と誕生日を迎えたばかりの1歳児では、別人なのではないかと思うくらいできることができます。それほどに0歳児の成長のスピードは目覚ましいものなのです。生後1カ月ほどの赤ちゃんは、ほとんどの時間を寝て過ごします。感情表現といえば不快なときに泣くくらいのもので、それ以外の複雑な感情はまだ持ち合わせていません。それが、3カ月目くらいになると笑ったり泣いたりと感情表現が豊かになってきます。

6カ月目頃には寝返りをよくするようになり、早い子であれば歯も生えてきます。この頃から睡眠のリズムも少しずつ整い、好奇心も出てきて手に触れたものを口に入れて確かめるようになります。すりばいで自ら移動できるようになるのは8カ月目頃からで、感情表現もより豊かになります。相手の表情を読むようになるのもこの頃からです。

10カ月頃になるとつかまり歩きなどをするようになり、簡単な言葉も理解できるようになります。「あっあっ」「あうー」などの喃語もこの頃から始まります。そして、12カ月を迎えるころには早い子は歩くことができるようになります。手先も器用になり、親や兄弟の真似をするようになります。

0歳児の成長はすさまじいもので、たった1カ月で色々なことを覚えます。身体がどんどん大きくなるのはもちろんのこと、脳みそもまるでスポンジのようにたくさんのことをぐんぐん吸収していきます。そして、この時期は情緒を安定させるためにとても重要です。スキンシップや言葉がけ、アイコンタクトを大切にしましょう。また多くの表現を教えるための本の読み聞かせも有効ですよ。

0歳児を対象としたコースを実施している教室

  • どんちゃか幼児教室 ぽこぽこコース

0~1歳を対象としたコースです。週に1回、60分間のカリキュラムを行うことになるのですが、「少し時間が長いのでは…」と感じる方もいるでしょう。しかし、内容はお友達と一緒に行動する、お話を聞くなど小さな赤ちゃんにとってもムリのないものです。人間が生きるために必要になる能力を育てられる教室として人気があります。

 

「どんちゃか幼児教室 ぽこぽこコース」の詳細はこちら

 

■1歳

1歳になると自分でできることも増え、徐々に「赤ちゃん」から「子ども」に変わっていきます。少しずつ自分の足でしっかりと歩けるようになり、椅子の上などによじ登ることもできるようになります。細かい作業もできるようになり、お絵かきなどを楽しめるようになるのもこの頃からです。

言葉の理解も深まっていき、簡単な単語を口にすることも増えてきます。他人にも興味を示すようになりますが、まだ人間関係のルールなどは理解できません。感情は0歳の頃より幅広くなりますが、それを表現できるほどの言語能力がないためかんしゃくを起こすことがあります。

自立心を育てるために大切なのは、この頃からです。好奇心が出てきてティッシュを破るなどのいたずらもするようになりますが、これは子どもにとって大切な「実験」です。ここで叱りつけると自主性が育たなくなってしまうため、子どもができるだけ自由に行動できる環境を整えてあげてください。

1歳児を対象としたコースを実施している教室

  • 学研ほっぺんくらぶ ママキッズコース

ママと一緒に遊べるコースで、1歳から参加可能です。物を作ったり、遊んだり。好奇心だけでなく想像力も鍛えることができるので、小さいうちからいろいろな刺激を与えたいと思っている方に向いているでしょう。取り扱っている教材と教具は、学研が開発したものということもあり、子供の教育分野で実績のある学びができる教室を選びたい方にも向いています。

 

「学研ほっぺんくらぶ ママキッズコース」の詳細はこちら

 

■2歳

2歳児になると、走る、ジャンプする、階段の上り下りをするなどができるようになります。そして、「魔の2歳児」といわれるように2歳になるとイヤイヤ期が始まります。幼児教育に熱心な親にとって大変な時期が始まります。

イヤイヤ期には何でも自分でやりたくなり、親が手伝うことを嫌がります。そして、何を言っても「イヤ!」といって言うことを聞かなくなります。しかし、これは子どもが成長していくうえで必要な過程です。やりたいことはしっかりと認めてあげ、かんしゃくを起こしたときには共感してあげるようにしましょう。

そして、この時期は語彙力が飛躍的にアップする時期でもあります。言葉がけや絵本の読み聞かせなどを積極的に行い、豊かな日本語力を育ててあげましょう。手先もどんどん器用になるので、積み木やお絵かきをさせるのもおすすめですよ。

2歳児を対象としたコースを実施している教室

  • 七田チャイルドアカデミー 幼児コース2~3歳クラス

フラッシュカードなどを使って脳を活性化させることが可能です。楽しみながら能力を伸ばしていくことができるので、遊びと勉強を組み合わせてムリなく学ばせたい方に最適です。大きな特徴ともいえるのが、全国に450もの教室を構えていること。そのため、実績も豊富です。特に右脳の発達に力を入れて様々な能力を開花させることを得意としています。

 

「七田チャイルドアカデミー 幼児コース2~3歳クラス」の詳細はこちら

 

■3歳

3歳児になると運動神経がより発達し、平均台のような細い足場の上を歩くこともできるようになります。ボタンかけなどの細かい作業もできるようになるので、着替えも自分でするようになります。言葉も単語ではなく文章で話せるようになり、表現の幅がぐっとひろがります。

社交性も発達し、人の気持ちを慮ることも覚えます。人との関わりの中でのルールも徐々に理解できるようになり、我慢や妥協なども学んでいきます。食事では好き嫌いが出てくるので、バランス良く栄養を与えることが大切です。

3歳児を対象としたコースを実施している教室

  • ミキハウス キッズパル 3~4歳わくわくクラス

3歳を過ぎると、集団生活の中での学びを学んで欲しいですよね。ミキハウス キッズパルでは、3~4歳わくわくクラスとして、集団の基本ルールを守って行動ができるように学んでいくことができます。それだけでなく、文字や数、簡単な英語についても身に付けていけるので、楽しい遊びを通しながら成長させたいと思っている方はぜひチェックしてみてください。

 

「ミキハウス キッズパル 3~4歳わくわくクラス」の詳細はこちら
  • 知育系の教室3選
  • 受験系の教室3選
  • 英語系の教室3選
  • コスパ◎の教室3選
  • 評判の良いの教室3選