HOME » そもそも幼児教育とは何? なぜ必要なの? » 幼児教育は3歳までってほんと?

幼児教育は3歳までってほんと?

人間の脳を発達させるには、3歳までの幼児教育が大切という説が、最近広まっています。子供の一生を決定付ける、幼児期の知育と「脳の力」の関係を、ごく簡単に解説しています。

巷で言われる「幼児教育は3歳まで」というのは本当?!

幼児教育のイメージ小さなお子様の保護者の中には、早期教育や英才教育に熱心な方もいれば、赤ちゃんには余計なことをせず自然に育てるのが良いという方もいらっしゃいます。

そのどちらの考え方・育児法も、否定できるものではありません。また赤ちゃんの脳の発達についてはほとんど解明されていないというのも事実です。

しかし、最新の脳科学の研究によって、人間の脳の80%が3歳までに完成される、という事実が研究成果として世界的に認められているそうです。

生まれてから3年間の育ち方によって、知能や運動能力、五感などの発達の具合がほぼ決まってしまうという話は、子供を持つ親にとっては衝撃的ですよね。

3歳といえば、まだまだ赤ちゃんから幼児くらいの時期で、親や家族としか接する機会もありません。だからこそ、大切に丁寧に育てなければいけない時期なのです。

親子の良い関係を築くのはもちろん、この大切な3歳までの時期に、適切な教育を受けさせるという「幼児教育」が注目を集めています。

3歳までにどんな教育をしたらいいの?

大切な赤ちゃんの時期に、どんな幼児教育をすればよいのか…。悩みどころですよね。

ある研究によれば、赤ちゃんは3歳までに「臨界期」を迎えるそうです。臨界期とは、脳がある能力を身につけられる限界の時期のことで、3歳までに身に付くのは、視力母国語力自己抑制力の3種類と言われています。

かみ砕いて説明すると、視力とは脳内に映像をインプットする能力で運動神経に関わる部分。母国語力とは言葉を自分のものとして吸収する能力、自己抑制力とは性格や知性に関わる部分です。

よく、「英語のRとLのネイティブな発音が認識できるのは3歳まで」などと言われているのは、こういった背景があるわけです。

年齢に合わせて成長をサポートしよう

母親と赤ちゃん

3歳までの教育が大切といっても、0歳と3歳ではできることはまるで異なります。年齢に合わない教育をするとなかなか結果が出ないため親はやきもきしてしまい、子どもにも辛い思いをさせてしまいます。幼児教育をするときには各年齢でどれくらいのことができるのかを把握して、年齢に合わせたサポートをしてあげましょう。

■0歳

0歳児と誕生日を迎えたばかりの1歳児では、別人なのではないかと思うくらいできることができます。それほどに0歳児の成長のスピードは目覚ましいものなのです。生後1カ月ほどの赤ちゃんは、ほとんどの時間を寝て過ごします。感情表現といえば不快なときに泣くくらいのもので、それ以外の複雑な感情はまだ持ち合わせていません。それが、3カ月目くらいになると笑ったり泣いたりと感情表現が豊かになってきます。

6カ月目頃には寝返りをよくするようになり、早い子であれば歯も生えてきます。この頃から睡眠のリズムも少しずつ整い、好奇心も出てきて手に触れたものを口に入れて確かめるようになります。すりばいで自ら移動できるようになるのは8カ月目頃からで、感情表現もより豊かになります。相手の表情を読むようになるのもこの頃からです。

10カ月頃になるとつかまり歩きなどをするようになり、簡単な言葉も理解できるようになります。「あっあっ」「あうー」などの喃語もこの頃から始まります。そして、12カ月を迎えるころには早い子は歩くことができるようになります。手先も器用になり、親や兄弟の真似をするようになります。

0歳児の成長はすさまじいもので、たった1カ月で色々なことを覚えます。身体がどんどん大きくなるのはもちろんのこと、脳みそもまるでスポンジのようにたくさんのことをぐんぐん吸収していきます。そして、この時期は情緒を安定させるためにとても重要です。スキンシップや言葉がけ、アイコンタクトを大切にしましょう。また多くの表現を教えるための本の読み聞かせも有効ですよ。

■1歳

1歳になると自分でできることも増え、徐々に「赤ちゃん」から「子ども」に変わっていきます。少しずつ自分の足でしっかりと歩けるようになり、椅子の上などによじ登ることもできるようになります。細かい作業もできるようになり、お絵かきなどを楽しめるようになるのもこの頃からです。

言葉の理解も深まっていき、簡単な単語を口にすることも増えてきます。他人にも興味を示すようになりますが、まだ人間関係のルールなどは理解できません。感情は0歳の頃より幅広くなりますが、それを表現できるほどの言語能力がないためかんしゃくを起こすことがあります。

自立心を育てるために大切なのは、この頃からです。好奇心が出てきてティッシュを破るなどのいたずらもするようになりますが、これは子どもにとって大切な「実験」です。ここで叱りつけると自主性が育たなくなってしまうため、子どもができるだけ自由に行動できる環境を整えてあげてください。

■2歳

2歳児になると、走る、ジャンプする、階段の上り下りをするなどができるようになります。そして、「魔の2歳児」といわれるように2歳になるとイヤイヤ期が始まります。幼児教育に熱心な親にとって大変な時期が始まります。

イヤイヤ期には何でも自分でやりたくなり、親が手伝うことを嫌がります。そして、何を言っても「イヤ!」といって言うことを聞かなくなります。しかし、これは子どもが成長していくうえで必要な過程です。やりたいことはしっかりと認めてあげ、かんしゃくを起こしたときには共感してあげるようにしましょう。

そして、この時期は語彙力が飛躍的にアップする時期でもあります。言葉がけや絵本の読み聞かせなどを積極的に行い、豊かな日本語力を育ててあげましょう。手先もどんどん器用になるので、積み木やお絵かきをさせるのもおすすめですよ。

■3歳

3歳児になると運動神経がより発達し、平均台のような細い足場の上を歩くこともできるようになります。ボタンかけなどの細かい作業もできるようになるので、着替えも自分でするようになります。言葉も単語ではなく文章で話せるようになり、表現の幅がぐっとひろがります。

社交性も発達し、人の気持ちを慮ることも覚えます。人との関わりの中でのルールも徐々に理解できるようになり、我慢や妥協なども学んでいきます。食事では好き嫌いが出てくるので、バランス良く栄養を与えることが大切です。

  • 知育系の教室3選
  • 受験系の教室3選
  • 英語系の教室3選
  • コスパ◎の教室3選
  • 評判の良いの教室3選