HOME » そもそも幼児教育とは何? なぜ必要なの? » 幼児教室にはどんな種類があるの?

幼児教室にはどんな種類があるの?

最近は幼児教室の世界でも、スタイルやメソッドの多様化が進んでいるようです。そこで、幼児教室の種類について、大きく分けて解説しています。

目的や適正別に考えよう!幼児教室の種類とは

幼児教室と言っても、その種類は色々です。ひとつの方針や目的のために開設されている教室もありますし、色々なコースを設けている教室もあります。そのタイプを大きく分けてまとめてみました。

脳力開発系

能力開発イメージ遊びを通して、知育、発達、社会性を育て能力を開発していくのが目的の教室です。

知能(IQ)の発達を促し、幼児の時期の脳を豊かに育て才能を伸ばす考え抜かれたプログラムになっています。例えば、遊びながら、おもちゃや教材を使い、考えること、表現をすること、五感を刺激します。先生とのやりとりや周りのお友達との遊びの中で、協調性やコミュニケーションなども養っていくといったものです。

受験対策型

受験対策型イメージ国立・私立の幼稚園・小学校の受験準備を一番の目的にした教室のことです。

志望校に合格させるためのカリキュラムが組まれています。能力開発系の知能を伸ばす指導も受験対策の一部として教えているところもあります。

子供達には、受験に必要な知識を教え、日常生活のマナー、面接での受け答えの練習なども行われます。お母さんの受験に対する勉強会や模擬試験、願書添削なども指導されます。

早期英語教育

英語教育のイメージ3歳までの時期までしかネイティブな発音が身につかないと言われており、早期の英語に力を入れているスクールも増えてきました。

遊びの中に英語を取り入れ、歌やダンスなどでリズムよく覚えさせる楽しいプログラムが組まれています。

英語とともに知育要素を重視して取り入れている教室もあるようです。

おけいこ系(体育・音楽・絵画・ダンスなど)

いわゆる習いごとと呼ばれる幼児教室です。運動や音楽、絵画、ダンスなどは、乳幼児期の五感を刺激して、知育に良いとされています。

その教室によって独自のユニークな取り組みも増えてきました。気負いなくはじめやすいのがおけいこ系です。

わが子の適正や目的を明確に選ぶことが大切

教室を選ぶ際に大切なのは、そんな種類のコースが子供にあっているか見極めることです。

どんな風に育ってほしいか、子ども自身が何が好きなのか、やってみたいという気持ちがあるのか、ということを良く考えて選んでほしいです。子供が楽しんでこそ通えますし、わが子のことをよく分かっている教室なら、きっと成長も感じられるはずです。

  • 知育系の教室3選
  • 受験系の教室3選
  • 英語系の教室3選
  • コスパ◎の教室3選
  • 評判の良いの教室3選